ブロックチェーンについて掘り下げてみた

スポンサードリンク

こんにちは。
昨日、ふと思ったんですが、自分はブロックチェーンについて全然理解できていないなと思ったんです。
だからこのブログを書くついでにアウトプットもできたらいいなと思い、書いてみようと思いました。

ブロックチェーン

なんか、見出しデカいな…w

まあいいや。

そもそもビットコインがこんなに騒がれているのも、ブロックチェーンが大きいということは分かります。

でもこれ以上は…調べた事あったけど忘れちゃったw

というわけで調べてみました。

ブロックチェーンは分散型台帳、または分散型ネットワーク

 

ビットコインの中核技術を核としてるんですね。

さっき話した通りです。

ブロックと呼ばれるレコードの中にリストが組み込まれていくので、記録が残り、そしてそれを消すことが出来ないんです。

この記録を消すことが出来ないというのが、かなり重要ポイントです。

ビットコイン以外でも、電子的な取引に使えて、かつその記録が永遠に残るというのがセールスポイントである仮想通貨はいくつもあります。

リップルなんかもそうですね。

この「消せない」というのがまた大事なポイントです。

消せないので、不正が出来ないということです。

都合が悪くなったのでデータを消す。

犯罪を隠すためにデータを消す。

そういったことが出来ないので公平性が保たれるのです。

公平性がセールスポイントなのはネムなんかもそうですね。

そしてそのデータベースは自主的に、自動的に管理されます。

なので、介入余地がなく手間が要らず、そしていつでも公平なんですね。

技術について

ブロックチェーンは、その名の通り、ブロックをチューンのように繋いでいく技術です。

このブロックを繋いでいく時間はシステムによってまちまちで、ビットコインのように10分かかるシステムもあれば、リップルのように4秒で終わるシステムもあります。

ブロックチェーンは管理者もおけるし、取引を非公開にもできます。

かなずしもマイニングなどをする必要はないです。

マイニング

マイニングとはデータの記録作業です。

よくマイニングすることを「掘る」なんて言いますね。

マイニング作業は単純にいうと、分散して複数存在するデータベースについて、データの更新のたびに特定の決定方法で一人に絞ります。

そうすることで、分散したデータベースを統合できるのです。

マイニングのやり方

「マイニング やり方」でググってもらうとわかると思いますが、個人ではかなり厳しいと思います。

ドでかいハイスペックコンピューター、多額の電気代、騒音などなど…。

個人のマイニングかなり覚悟がいるでしょう。

個人的にはかなりブロックチェーンに興味あるのでもう少し頑張って勉強してみようと思います。

今回は以上になります。

ありがとうございました。

メガマックスウルトラでも飲んで元気出して!

 

https://xn--gcklj4b8b7a2lwa3fsa.com/2018/08/09/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%81%AE%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%8C%E7%B5%B6%E5%A4%A7%EF%BC%81%E3%83%87%E3%82%AB%E3%83%81%E3%83%B3%E5%B7%A8/

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です